<< 実験台になってみましたw | main | フォトラトに手を入れてみる 第4.5回 >>

フォトラトはちょっと置いといて。。。

フォトラトと使い倒すとなると、最終的にペグやらトレモロやら、
さらにはPUも交換すると、とっても幸せになれるはずですが、

その前段階として、こんなことに着手してみました。

題材は、赤のフェルナンデス ストラト・タイプ
PUの並びがHR/HMの方向を向いている1本ですが、
真の意味で「激しい歪み対応ギター」としては、センターPUのハムノイズが
大きな問題でもあります。そこで、キャビティ内のノイズ対策のついでに、
PUを交換してみることにしました。

できれば、特殊なシングルタイプ、

例えば、スタックタイプ とか、ブレードタイプ とか

で試してみたかった。しかし、手持ちはない。

結局、ヤフオクで探すことに。そして、ゲット!

IBZ USAのPU

IBZ USAのシングルタイプPU。とはいえ、中身はディマジオであることは
いちおう知られているわけでして、そこそこ素性はいいだろう、と。

そして、特殊な構造のシングルタイプPUでもあります。

スタックタイプのPUです

メーカーの正規ラインナップではないことから結構お安くゲット。
実験材料にはなるでしょうwww

では、早速作業へ。まずは、内部のノイズ対策を。

こちらは弁当箱ザグリ

これを、こうしました。

加工完了!

フォトラトの時に楽しかったので、同じ手法です。

続いて、PUの交換。メーカーが違うので、配線には気をつかうわけですが、
これがなかなか骨が折れ、後ほど話しますが、一部あきらめの感情もあったり。

セットアップ完了

では、どんな感じでノイズが改善されたのでしょう?
実際に、音声ファイルを聞いてみてください。
多少音量を上げても、大丈夫ですよw

リンクはこちらノイズ対策 前

リンクはこちらノイズ対策 後

内容を解説すると、5WAYのセレクターをフロントPUに倒し、
そこからスタート。クリックノイズが聞こえる順に、
F+C、C、C+R、R、さらにさかのぼって、C+R、C、C+F、F。
これをさらに1往復、合計2往復してます。

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、
センターPUのハムノイズは、明らかに減ってます。構造の違いが出てますね。

で、問題はハーフトーンのポジション。

どちらの場合も、1つはノイズがのってます。
そう、ハムキャンセルがされていない、ということです。
マグネットの極性の影響で、ハムキャンセルが効かないんですかねぇ。
配線だけ変えてもダメだったので、そういうことにしておきますw

サンプルのエフェクトは「超激歪みセッティング」になってるので、
フツーにクリーン音では、ほとんど気にならないレベルではあります。
ステージやスタジオでは、ひょっとしたら目立つかもしれませんが。。。

PUそのものを改造するには、自信がない。
フロントPUもディマジオのものに換えるのは、一番手っ取り早い。
さて、どのPUがいいんだろうなぁ。

DP188 Pro Track



DP180 Air Norton S

at 16:49, まるま, 自作・改造

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 16:49, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://maruma-guitar.jugem.jp/trackback/78