<< FERNANDES ストラトキャスター・モデル | main | エフェクター >>

FERNANDES FR−55

フェルナンデス FR-55

次に登場するのは、同じくフェルナンデスのギター。

前のギターの紹介で出てきたようなボディの色。
まさしく「こんなギターが欲しかった!」という1本です。

Yahoo!オークションで、本当に最初に落札したもの。
初めての入札で、自分にとっては最良の拾いものです。

このギター、いろいろと特殊な面が隠されていまして、
なかなかユニークです。素性は、続きで。




写真だけではわかりにくいのですが、フェルのマニア(?)なら
一見してピーンと来たかも。

最新のラインナップからは姿を消している(さきほど知りました)この型番、
数年前までは確かカタログに掲載されていたはずです。

ただ、

最近の同型番と決定的に違うこと。それは、
写真のギターが、ショートスケールのギターだということ。
FENDERのMustangやJaguarと同じ、でストラトシェイプ。

私がギターを始めたころに、「パープル・エキスプレス」という
ラジオ番組があったんですが、ご存じの方はどの位いるんだろうか?
故 成毛 滋が講師として「ギター講座」をやっていたりした番組で、
一時イングヴェイ・マルムスティーンに傾倒した時期に、大変参考に
させてもらったものです。その中で、成毛氏が何度も言っていたこと。

「日本人は手が小さいので、外国人が使っているギターをそのまま
使っても、(超光速プレイと)同じプレイはできない」

番組独自に、FENDER JAPANに働きかけて、スケールの短い
ストラトキャスターを作ってもらっていたりするくらいの徹底ぶりでしたなぁ。

で、それを聞いて育った私。短いスケールのストラトタイプギターが
頭の中に、ずーっと引っかかっていたんでしょう。
オークションに出品された時には、結構うれしかったですよ。
上手く落札できてよかったよかった。。。

さて、楽器の紹介。
これもS−S−H配列をH−S−Hに変更。
ただし、PUはこんなチョイスに。

フロント→Seymour Duncan SHR-1n "Hot Rails"
センター→Seymour Duncan APS-1 "Alnico Pro Staggered"
リア  →Seymour Duncan SH-4 "JB Model"


お茶の水を徘徊していた時に、たまたまやっていた某楽器店の安売りで
運良く揃えた「ホットレイル」と「アルニコ供廚離轡鵐哀襭丕佞鮑椶擦泙靴拭
「ホットレイル」はご存じのとおり、シングルの大きさのハムバッカーなので、
見た目は変わらずH−S−Hに変更できております。

手に入れた時には、ポッド類がお逝きになってたので、安物に交換。
同時に購入したオレンジドロップを、キャパシターとして使用してます。
こだわる方であれば、配線で使うシールドをオールドのものにして、
ポッドをCTSのものにして、なんてことをやってるんでしょうが、
私は、残念ながら、そこまでこだわれない。なんせ、元ギターがこれなので。
多少いい音になれば、それでオッケー!

スケールが短いせいもあって、なんかチャキチャキした感じの生鳴り。
アンプ通してもそれが感じられるので、太めの弦を張って軽減狙い。
軽減できてるのかな?まあ、それで勘弁してください。

フロントの「ホットレイル」が、ジャジーな感じも歪ませた音も
見事にカバーしてる印象。リアの「JB」は、「スーパーディストーション」なんかに
交換した方が、もうちょっと使える音になるだろか?
MustangやJaguarをカート・コバーンみたいに改造して使ってる方、
いらっしゃいましたら、リアPUは、何をチョイスしてるか、こっそり教えてください。。。


2009.8.29 追記
ついにリアPU交換しました。詳しくはこちら

2010.9.25 追記
さらにPU交換しました。詳しくはこちら

at 00:00, まるま, エレクトリック・ギター

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 00:00, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://maruma-guitar.jugem.jp/trackback/4