<< PRSもどき 衝撃(?)の別れ編 | main |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

2018年、最初の投稿。

自分のブログでは恒例にしていたのですが、
昨年から今年にかけて、なんと、、、

年末年始のごあいさつができませんでしたw

どうも、まるま です。

自分のPCの調子がイマイチで、
側にあったiPadでの入力ができるかどうかの検討を
していたら、あっという間に2月も終わりそうな時期でw

PCは結局、Windows10の回復機能を使ってリカバリをして、
必要なアプリを再インストール中。iPadでのテキスト作成も
ある程度スムーズにできそうですが、文字入力については
変換確定のタイミングがつかめません。。。

ちなみに、

音楽制作の環境をiPadに移行できるかの検討もしていて、
こちらも目処が立ったのでボチボチ環境設定中です。

ま、そんなこんなで今年もいくつかネタがあるので、
ゆるゆると行きます。どうぞよろしくお願いします。

そんなこんなで今日の投稿ですが、
去る1月、今の自分にとって非常に残念な出来事がありました。
藤岡幹大さんの訃報です。

今、改めてご自身のtwitterアカウントを見てました。
ケガをする前日までお元気そうだったみたいです。

自分にとっては、本当に偶然に見つけた教則本が
藤岡さんとのつながりを作ってくれました。
要は、単なる「いちファン」です、ハイ。

それまでは彼の存在すら知らないモグリでしたが、
ちょっとググればわかった気になれる、いい時代ですw

買ったのはこの本です↓



当初、教則本の内容から察するに、非常にアカデミックな、
勢いだけではないギタリストであることはわかりました。
表紙に「MI」、Musicians Instituteのロゴも印刷され、
プロフィールにも講師を務めていたことが記載されていて、
若そうなのにスゴい人がいるんだな、と。

教則本のデモ演奏を一聴して、印象は正しいと感じました。
楽譜に弱いのでw 立ち読みした時に分からなかったのですが、
デモ曲に"Proto Cosmos"風のものがあるなんて、
「これはタダモノではないぞっ」と思いましたw

内容に忠実に取り組んだり(まるでできてませんけど)、
適当に遊んでみたり(本当に適当で調子はずれですけど)、
色々やりがいのある本で、しばらく大いに楽しんでました。
と同時に、藤岡さんの活躍にも注目するように。

まさか、朝のワイドショーで訃報を耳にするとは。。。

最近は別の練習メニューに取り組んだり、
ギターの修理、足元の機材の製作計画などで、
教則本はこなしていなかったのですが、また改めて、
真剣に取り組みたいと思っています。

慎んでご冥福をお祈りいたします。

at 17:42, まるま, 雑記

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 17:42, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://maruma-guitar.jugem.jp/trackback/143