<< PRSもどき◆…汗以 | main |

PRSもどき 衝撃(?)の別れ編

もったいぶったわりに、たいしたオチはありません。

どうも、まるまです。



さて、久々に手に入れた安ギター、TonySmith KPR-32ですが、
この後もいろいろ手を加えようと思っていました。

例えば。。。

電気系を一新してみようとか、
(CTSやらSwitchCraftやらBeldenやらw)



ペグをロック式にしてみようとか、
(Amazonで激安中華パーツを物色w)



ピックアップを交換してみようとか、
(これもAmazonか、それとも千石かw)



などなど。基本的にはローコストで。
あっ、電気系統はちゃんとコストかけなきゃですねw

もう1つ、ナットも交換できればいいなぁ、などと思いつつ、
いい調整ができたし、ギターそのものにも慣れてきたなぁと
思ってゴキゲンに弾いていた矢先、文字通りの衝撃が私を襲いますっ!!


えー。。。?


写真がないのはすいません。

ナットが破裂しましたwww

6弦が乗っているところからパキーンと、ナットの一部がぶっ飛びました。
中空のプラスティック製ナットだというのが、よく分かりました。。。(泣)

普通ならここで「いい機会だ」といって喜ぶところ。しかし。
安ギターで、コピーモデルで、でも、微妙にサイズ感が違って、
市販のナットをそのままポン付けできるか、正直不安がありました。
かといって、リペアに出すとナット交換は結構費用がかかるし。
勉強のために自分でやるのも良しですが、正直いろんな意味での
投資に見合うかというと、疑問がありました。



改めて見てみると、6弦の曲がり具合は確かに危険でした。
6弦の張力に、プラ製ナットの強度が負けたわけですな。
仮に自分でできたり、最悪リペアに出して戻ってきても、
同じことが起こる可能性が高いわけです、設計上。

ここからの決断は早かったです。

もうこれ以上いじることなく、ハードオフに持ち込みましたw
ついでに、以前楽器屋で売ろうとして売れなかった、
ネックにひびが入っているレスポールモデルも一緒に売却。
幸運なことにお金になりましたよ、合計800円だけどw

オークションも含め、巷で見る機会は減りましたが、
見た目だけは、個人的に所有欲をかき立てる1本でした。

あっ、もちろんこの時に、新しいギターをゲットしてきましたw
最近はそれを育ててます。やっぱりアーム付きのストラト風シェイプが
個人的に一番しっくりくることを再確認してます、ハイ。

その新たなおもちゃについては、また後日。

at 11:00, まるま, エレクトリック・ギター

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 11:00, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://maruma-guitar.jugem.jp/trackback/141