<< BOSS CS-3 ヒスノイズ改善にむけて | main | BOSS PV-1 その後 >>

BOSS PV-1 ROCKER VOLUME



これで、本当の完成形、だろうか?

どうも、まるまです。

結局、手に入れてしまいました。またしても古い製品ですw
ワウペダルと外見を揃えたいだけ、という感も見え見えですが、
ROCKERシリーズの1つ、PV-1 ROCKER VOLUMEです。

これも、なかなかに面白いペダルです。




記念撮影でパチリ。
ZO-3以外にもギター、持ってますよw
これが現在のメインギター、HISTORYのテレキャス・モデル。
最近弦を張り替えて、手にする機会が増えてます。

本題に戻って、
PV-1もPW-1と同様、通常のボリュームポットを使用していないので、
ガリに悩まされることがないのがイイですね。さらに特徴的なのは、
クリーンブースターが内蔵されていて、+20dbまでブーストできること。

家で実験してみましたが、ブースト量の調整ボリュームの
変化の仕方がビミョーで、時計の針でいうと2時過ぎまでは
ブースト量がさほど変わらず、そこからフルまでで急にあがる印象です。

個人的使用法として思いついたのが、上の写真のテレキャスに絡むのですが、
元々ギターそのものの音量が足りないときにクリーン音の音量をプラスするもの。
歪みペダルやアンプの音量調節がしやすくなるんじゃないかな、と。

ブーストのみのON/OFFスイッチがないのですが、私の使い方であれば
特に必要ないと思ってます。

さて、この個体はいくつか問題点があったりします。
その改善については、次の記事にてお話ししまっす。

at 20:30, まるま, アンプ・エフェクター

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 20:30, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://maruma-guitar.jugem.jp/trackback/136