<< アクティブPUの位相合わせ | main | ビバ!100均!! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

ZO-3 PU、4芯化する

ZO-3の内蔵アンプについては、以前触れたように、
デフォのアンプ基板に戻したわけですがw

ディストーション内蔵が面倒くさくなってきた。。。

載せるために製作する候補があるにはあるものの、
配線のことをあれこれ考えるに、かなり後ろ向きに。

で、気分転換にこんなものを作ってみました。

4芯シールドを自作しました
中途半端に余っていたシールド線を分解し、網線を抜き出し、
そこに4色のリード線を入れて、収縮チューブで絶縁。
ふーん、意外と簡単にできるもんですなw

これを使って、ZO-3のPUを4芯化し、タップやらパラレルやらの音を
使えるようにしよう、という試み。

ギターパーツとして買うと、結構高い4芯ケーブル。例えば。。。



なので自作してみたわけです。

使ってみると、ちょっと太すぎたんですけどwww

では、作業開始。
PUの配線の様子はこちら。

ひとまず作業完了

早くも作業完了間近ですが。

このあと絶縁テープで側面を覆って、完成。
類似商品はこちら。ちなみに私は15mmのものを使いました。



配線が結構細かくて苦労しましたが、組込も無事に完了。
さて、音出しですが。。。

参考になるか不明ですが、音録ってみました。
ライン直の音が2種類(カッティングとアルペジオ)と
アンプシミュで歪ませた音の、合計3種類です。

順番はそれぞれ、シリーズ(いわゆる普通のハムバッカー)、
タップシングル、パラレル となっています。意外と違いがわかります。

リンクはこちらカッティング


リンクはこちらアルペジオ


リンクはこちらアンプシミュで歪み音


ちなみに、タップの音はネックに近い方のコイルが生きてます。
うーん、どこかで配線間違えたかな??? まっ、いいかw

そう、意外と音の違いがあるので、ZO-3のサウンドに
バリエーションが増えたわけでして、これは良い結果になりました。

ディストーション内蔵よりも、こっちから手を付けるべきだったか?
こんなことまで考えちゃいました。いやー、楽しいw

本当はもう1手、PUの磁石を交換してしまおうと思って、
アルニコ5の磁石も入手していたんですが。。。これはムダに。


ウチのZO-3のPUにはモールドでポールピースと磁石が覆われていて
簡単にとれそうにありませんでした。トホホ。

えー、すいません。
ここまでで十分楽しいギターになりましたので、
ディストーション内蔵は、ホントに気が向いたら手を付けます。
作ろうと思っていたのは、runoffgroove.com 掲載のものです。
386が余っているので、ね。おヒマでしたら、検索してみてください。



at 00:54, まるま, ZO-3臓物入れ替え(改造)

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 00:54, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://maruma-guitar.jugem.jp/trackback/120