<< PU交換大作戦(もうやらないw) | main | アクティブPUの位相合わせ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

ZO-3の臓物、元に戻したwww

このブログの主力コンテンツでもあり、
訪れた皆様に支えられてきたこの話題。

ZO-3の臓物(要はアンプ部分)の改造について。
最終的に、こんな形で落ち着いてしまった。。。

最初の改造の時に取り出した臓物。

ZO-3アンプ部基盤

このアンプ、良く見ると基板にトリムがついている。
全体的な音量を、このトリムで調整できるわけですが。

このトリムを取り去って、ボディ側に増設したアンプ用の
ボリュームに配線。手元でコントロールできるようにしてみた。

もともと386系のアンプよりも音量は稼げるタイプ。
フルアップすると、普通に弾いても歪むくらいまでになる。そこで。
ボリュームのポットを25kのまま使用することで、ゲインをダウン。
さほど歪まない、クリーンな音の出るZO-3の完成。。。

最初からこうしておけば、よかったんだなwww

最近ネットで見かけた、旧型ZO-3のアンプ部回路図を眺めているうちに、
元に戻したくなったのが、作業開始のきっかけ。
配線を戻すだけなので、あっという間に完了。写真もありませんw
ACアダプター仕様はそのまま生かしたので、改造前よりも快適だったり。。。

今までの苦労は、意外な形で役にたったのである。。。

いやっ、ちょっと待って、そこのあなた。
ディストーション系の回路は増設予定なので、今後はその設計を。
スイッチ付ポットも手元にあるので、基板も含めて一体化できるくらい
小型の回路を作ってみようと思ってますよ。

ボディ上に余っている形のトグルスイッチは、PUの切り替え用に流用。
いよいよタップやらパラレル接続やらを実現しようと画策中。
作業は近日開始。少しは期待しててwww

at 11:31, まるま, ZO-3臓物入れ替え(改造)

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 11:31, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://maruma-guitar.jugem.jp/trackback/118