Hearts【T-Square】を弾いてみた(3タイプ)

ここ最近話題に挙げた所有ギターの弾き比べをしてみました。
セッティングは固定、純粋にギターだけの違いが伝わるか、


正直ビミョーなんですが。。。(苦笑)

SSH配列に戻したフェルの白ラト
パッシブとアクティブの共存を目指したFR-55
ヤフオクでゲットしたLegendのレスポールタイプ

以上、3選手による比較です。

ギター
→ BOSSのエフェクターボード
   (CS-3→OD-2→CE-3→RV-3)
→ BR-532のアンプシミュ(JC-120風)
→ PCのオーディオボード →デジカム音声入力

という録音環境ですので、厳密な音は期待しないでくださいw

音素材は、T-Squareのこのアルバムから。


正確には「ザ・スクエア再結成」という名目のライブアルバム。
この演奏に重ねて、曲終盤のギターソロ〜エンディングのアルペジオを
コピーしてみました。

オリジナル収録は「脚線美の誘惑」という、何とも恥ずかしいタイトルw


ソロのコピーには一番聞きとりやすかったのですが、テンポはライブの方が
圧倒的に遅かったのでw

それでも完璧には弾けていませんwww

FR-55バージョンに至っては、セレクターの切り替えがヘタクソ、かつ、
アルペジオがボロボロになってますが、大目に見てやってくださいませ。

では、お時間ある方はごゆるりとご覧あれ。






at 21:14, まるま, 弾いてみた

comments(0), trackbacks(0), pookmark