ZO-3ちょっとだけ部品交換

内臓の大手術を終え、しばし部屋のオブジェになっていた
ウチの「真っ赤なぞうさん」ですが。。。

最近アキバに行く用があった際に、
気になる点を改善しようと、パーツを調達してきました。


気になる点、とは?


まず、暫定とはいえ仕方なく「仕様」としていた、
アンプVol.の500Kポット。

FR-55の改造の中で学習した「抵抗値の重要性」。
大きさが変わっただけで、あれほどに音が変わるのなら、
やはり適正値のものを使うべきではないのか?

そう判断して、使えるポットを探しました。
何といっても最大の難関は、シャフトの長さ。
なるべく小さい値、そう、当初は10Kを使う予定だったので、
それに近いもので探したところ、25Kで使えそうなのを発見。

FR-55用に探していたものが、そのままZO-3にも流用できそう。
10Kのものはやはり、シャフトが短そうだが、念のため購入。
使えたら儲け物だし。

さらに。

歪みセクションのトリムの値。

今まではひとまず大きな値で、調節できる幅をとろうと思い、
2Mというとんでもないチョイスをしてました。
しかし、これも音質に何らかの影響があるのだろうと思い直し、
テスターで抵抗値を測定。それに合わせて値を変えようと。

で、結果。
100Kくらいでいいんじゃないか、と判断。これはあっさり発見、
購入してきました。

早速作業開始。まずはアンプのVol.。
結論としては、25Kをチョイスすることにしました。
やはり、市販されているフツーの可変抵抗ではシャフトが短い。
周りのものより若干高い値段がついていた25Kは、
多分その需要に応えたものだったのでしょう。

ちなみに、購入したのは千石通商の3号店。
オーディオ・楽器関連の部品は、ここにまとまってるので
使うこちらとしても、大変便利です。

続いてトリムの交換。こちらもすんなり完了。
自分で組んだものなので、問題はないでしょう。
こちらはマルツパーツ館にて購入。

では、音出し。

全体的に高域が落ち着いた印象。ナチュラルなハイ落ちですね。
音量が若干下がった感じもしますが、特に不都合はないのでOK。

トリムも正常に効きます。ただ、以前と違う点としては、
クリーン音と歪み音のバランスがかなり変わりました。
歪み音については、PUとアンプ、両方フルにして使えるようにすると、
アンプVol.を下げると、歪み音が小さすぎて実用的ではなくなりました。
逆に歪み音を大きめに出るようにすると、クリーン音とのバランスが
以前にもまして、悪い。クリーン音が小さすぎる。

ということで、結果。
PUのVol.をフル、クリーン音にして家で近所迷惑にならない程度の
アンプのVol.、目盛りにして2、ギリギリ上限5くらいにして、
歪み音をクリーン音よりほんの少し大きく聞こえるように調整して、
ひとまず様子をみることにしました。あくまで結果論ですが、
このセッティングは現時点でベストだと思ってます。
さらに使いやすくなりました。

ちなみに、この状態でアンプVol.をフルアップすると。。。


ピイイイイイイィィィィィ。。。


ハイ、使い物になりませんwww

あとはPUの交換を目指して、資金調達しないと。。。

at 23:34, まるま, ZO-3

comments(0), trackbacks(0), pookmark

音源アップしました

(お詫び)
この記事を書いた当時には存在した文中のサイトでしたが、
後に閉鎖となりました。
現在はお聞きになることができません。悪しからずご了承ください。


(以下、本文)

ホントかウソか、アクセスもボチボチあって、
お時間ある方々に感謝します。

というわけで、いかにZO-3が(使いようによっては)使えるギターかを
証明すべく、今後とも精進したいと思いますが、重ねて言いますと、

私はドラマーw
でも最近、まともにドラムの練習してませんwww

で、本題。
MySoundというサイトに「m-sa」というユーザーネームで
登録してます。コピー曲の公開管理という点で重宝してるわけでして。
話題の「My Space」とは別物のサービスですので、混同しないように。
あっちはあっちでアカウントとったので、自作曲など公開してみようかと。

ギターソロのみ、という我ながら潔い決断をして、
バックトラック含め自作自演してみました。
曲は、2007年にTV放送されたアニメ「BLUE DROP」のエンディング曲、
「蕾 -blue dream-」。短いながらまとまったギターソロが気に入って、
コピーしてます。ポジションなども含め、結構入れ込んでコピーしましたよ、なぜか。

BOSSの古いMTR、BR-532の内蔵エフェクターを駆使して音を作り、
かなーりごまかしのきいたw 音にできた、と勝手に思ってます。
「なんやかんや通せば、それなりの音はできるぜぃ!」という気合を
感じていただければ、幸いですが。。。

リンクはこちらですよw




at 11:42, まるま, ZO-3

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ZO-3改 その後

思いのほか反響が大きいようで。

ZO-3関連で検索しているうちに、このサイトに
たどり着いている方が結構いらっしゃるようです。
偶然とはいえ、ありがたい話です。多謝w

そんな声にお応えして、こんな動画をアップしてみました。
ウチのZO-3が、どんな風に「鳴く」のかw
改造後の風景その2、ひとまずご覧下さい。



続きを読む >>

at 16:27, まるま, ZO-3

comments(0), trackbacks(0), pookmark

回路図

これで合ってるのか。。。?

というわけで、予告しましたZO−3改の中身です。
世の中便利なこと至極でございまして、フリーウェアのBSchというのを使って
回路図を作ってみました。

ただ、
回路図そのものの書き方に精通してるわけではないので、
ホントにこれでいいのかな、と。

実体図にすればよかったとも思いますが、それも結構面倒くさいw

というわけで、早速公開します。

ZO-3改 回路図

先日の補足としては、
PUからの信号は、もとの回路についていたコネクタを流用して載せ換えました。
配線も同様。LEDについては、抵抗を基板につけ忘れたので空中配線風になってます。
写真をよーく見ると、基板から黒いチューブみたいなのが出てますが、それが抵抗w)



at 00:10, まるま, ZO-3

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ZO-3改造〜その2

改造が、完了。

ニューZO−3(?)

見た目は以前と、全く変わってません。これも、こだわり、です。

想定していたことと違っているのは、

。味釘弔凌
切り替えで「目の色」を変える予定でしたが、勉強不足のため接続の
方法がわからず、断念。元からついていたものを流用しました。
▲好圈璽ーの交換
いろいろ物色しましたが、結局いいものが見つからず、これも断念。

というわけで、元のものから取り出した臓物はこの2つ。

交換したパーツはこれ

メインの回路と、電源スイッチ。
これらを、以下のような感じで。。。

こんな風に収まります

無理矢理押し込んでますw
でも、基板はこんなに小さくまとまってます。

コンパクトにまとまりました


続きを読む >>

at 22:38, まるま, ZO-3

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ZO-3改造〜その1

ほんと、便利になったねぇ。しみじみ・・・
ZO-3買った当時、こんだけ情報があったら、
もうぜーったい、いじり倒してたわ。

というわけで、早速作業開始!

とりあえず、ストラップピンの試行錯誤の痕を
埋めましょう、ホイッ!

穴埋め作業

つまようじに木工用ボンドをつけて、ぶっ刺す!
乾いたら切る、ということで。次!
ZO-3の「内臓」をいじります。。。


続きを読む >>

at 23:15, まるま, ZO-3

comments(0), trackbacks(0), pookmark

FERNANDES ZO-3

以前の機材紹介では触れませんでしたが、実はこんなのも持っていたりします。

フェルナンデス ZO-3

アンプ内蔵ギターブームの火付け役、「ぞーさん」です。
自分の机の周りに機材を集中させている現状、
ノーマルなギターを弾こうとするとどうしても立って
弾かなければいけないのが最近煩わしいので、小さめの
ギターの方が座って弾けていいかなぁ、と。

そういえば、あるじゃあないか!
・・・という訳で、久しぶりに引っ張り出してみました。

もう、何年ぶりに弾くことになるのかは不明。
おかげで、弦はサビサビ、指板も汚れ放題で(汗)
ここはやはり、弦を張り替えようと。しかしっ!
弦の買い置きがないので、だったらついでにちゃんと掃除して気になっていたところも
修理してあげよう、と決意。先日お茶の水で、いろいろお買いものしてきました。

今回は写真付きで、何やカンヤやってみましたよw

続きを読む >>

at 10:42, まるま, ZO-3

comments(0), trackbacks(0), pookmark